kokoro_meikyu’s diary

『新 ココロの迷宮案内』役員によるブログです。

理事長の宮内です

人様に迷惑かけまいとするのは

日本人特有のものなのか知りませんが、

一度生を持って生きているわけです

だから大いに迷惑かけようじゃな一ですか

それが『生きている』わけでしょ?

 

ショッキングがニュースを観て内容は触れませんが、

若年者の自殺が最多だったそうです。

不登校問題においても横ばいに近い。

この少子高齢化社会においては尋常ではない『異常』です。

 

僕個人は、自殺の手前まで行った幼少期。

でも、『我慢』や『忍』の一文字で通り過ぎた。

それは『仲間』共有できる仲間がいたからです。

 

僕ら仲間には、それを共有できる術を持っています。

 

辛くて切なくい悲しいときは

寄りかかってきてほしい・・・。

 

それが人情であってね、人間本来の姿だとも思います。

目の前の問題を解決するには

副会長の宿里です。

先日はこの頃よく見る虐待のニュースから子育てについてお話しさせていただきました。

今回は並行して多い高齢ドライバーの致死事故から少しお話しをさせていただきましょうか。

世間では運転免許の返納を促すような話もあがっているようですね。

わたし個人としては返納について反対はしませんが賛成も致しません。

ただ返納をさせることだけで解決に至るとも思っていないのが正直なところです。

というのも、世間の高齢者さんたちが皆一様に運転免許を返納したらどうなるでしょうね。

ちょっと困りませんか?なんだか弊害が出てくると思いませんか?

タクシーを利用したことのある方はたくさんおられると思います。

その運転手さんは、やけにお年を召した方の割合が多いと思いませんか?

長時間勤務で結構なハードワークなので若い方は働きたがらないみたいですね。

そのため、運転手さんの人手不足と高齢化が進んでいるです。

皆さんの会社に、嘱託雇用の社員さんはいらっしゃいませんか?

要は、一度定年退職されてから再雇用されてパートタイマーのように勤めていらっしゃる方ですよね。

会社側から『あなたさえその気があればまた来てくれない?』という感じでお願いされて再雇用された方がほとんどかと思います。

もちろん、わたしの勤め先にも何名かいらっしゃいます。

皆さんアクティブに遠方まで車に乗って機械のメンテナンスや営業に行かれています。

会社にとってとても必要な方々です。

では、高齢者と呼ばれる年齢に達した方々が次々に運転免許を返納したらどうなるでしょうね。この少子高齢化社会において。

とっても困ったことになりますね。

きつい仕事はしたくない、でも高齢者は免許を返納しろ。

これは少しわがままな言い分に聞こえてきます。

事故は無くなれど、他の問題が浮上することは明確ではないでしょうか。

家族に高齢の方がいらっしゃる方。

返納しろ返納しろと頭ごなしに言う前に未来について少し考えてみた方がいいかもしれませんね。

高齢の方々が車に乗ることに頼って社会が成り立っているのも事実です。

宿里

気持ちが沈んでおりますわたくし。

会長補佐のカナです。

 

実は私、子宮体癌と診断されてしまいまして、更に検査を重ねた結果、近々子宮の摘出手術をする事が決定しました。

色々な要因が重なって病院に行くのが遅れてしまったが故にこんな事になってしまいました、皆さんは何かおかしいと思ったらすぐ病院に行きましょうね。

 

歳を重ねるにつれ病気とお友達になっていく事が増えるなあ、と憂うつな気持ちになります。

糖尿病も持っています、メニエール病もあります、メニエール病には度々悩まされています。

ただ糖尿病に関しては数値が安定しつつありますけどね、まあそれでも内服は継続中です、いつか内服もやめられるといいなあと思ってます。

 

とりあえず今は手術に対する不安、自分の体の一部が無くなるという事や他にも様々な事を考え、かなり精神的に参っています。

 

私が今一番伝えたいのは、大丈夫だろう、で済ませてるととんでもない結果が待っている事もあるので気を付けましょうね、ということです。

アリエルの実写版

わたくし会長補佐はディズニーが好きです。

この前彼氏と実写版アラジンも見に行きました、面白かったです。

 

まあそれは置いといて……

 

実写版アリエルに黒人のR&Bシンガーであるハリー・ベイリー氏が起用されたとの事。19歳ですって(。・о・。)わお

彼女の歌声をちらっと拝聴しましたが、とても素晴らしい! 聴き惚れましたねぇ……

 

ただ、私はこの方をアリエルに起用なさるのは如何なものか、とも思うわけです。

アリエルと言えば白い肌に赤い髪が特徴的なキャラです、彼女のシンボルなわけです。

そこに黒人である彼女をキャスティングする事はどうなのかと。

元々ある既存のキャラの肌色を変えてまで多様性を押し付けたいのか、と思ってしまうわけです。まあ、そんな事はないでしょうけどね。

もういっそのこと設定から何からまで変えて新しいリトルマーメイドを作りあげれば良いのに、それをせずに色々と無理繰りねじ込んでくることに疑問を感じずにはいられないのです。

何故わざわざその作品でやってしまうの? と思うのですね……

わたくしが時代遅れなのかもしれませんが……

 

美女と野獣の時も、黒人を多数キャスティングしていました……

もちろん、肌の色など関係なく様々な人種の方が映画に出られるのは素晴らしいものと思ってます。

ですが原作(この場合ディズニーアニメーションの事です)を心底好きな私は少し残念に思うわけです。

なんでしょうね……人種差別問題、セクシャルマイノリティ問題なんて映画の外でやって欲しいんです……

製作者サイドの思惑、思想がだだ漏れしてるのが見て取れて楽しめなくなってしまうわけですね。

それを逆手に取っていい方向に持って行けてる作品はあると思います。まあ私が見たディズニー実写版は上手い方向にいってたとは思えませんでした……

これはあくまで私の感想ですけどもね。

 

まあ、実写版もアニメもいかに観客に楽しんでもらえるかを考えて作られてる、という根底は一緒なわけで、そこに誰がキャスティングされていようが関係ない、という考えは私にももちろんあります。

でもだからこそもうちょっとどうにかしてよ、と思うわけです。

Highly Sensitive Person

理事長の宮内です。

自分自身に置き換えて傾向が判ったので、

しばし記載します。

 

HSPとは、Highly Sensitive Personの略で、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。

この「HSP」を提唱した経緯は、アーロン博士自身がこの「とても敏感な人」であるHSPで、自身の敏感さと生きづらさを研究しようとしたことが始まりです。

アーロン博士は研究のために同じような内面的な特徴を持つ人たちを調べて観察したところ、人種や性別・年齢などに関係なく、どの国の人でも一定の割合でこのような「とても敏感な人」がいることをつきとめました。

そしてさらに、HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、つまり生まれ持った性質であることが分かったのです。

HSPはいわば「生まれつき感度が高い人」のことです。

 

だから、他人の物差しでは測れる事実は存在しないものであると言い換えられるのかもしれません。

わたしが会長補佐である。

会長補佐のカナです。
一生懸命は頑張りません。疲れるので。一生懸命力を抜きます! 謎

なんか、よくわからぬままこんなポジションにつきました(・ωく)テヘ
よろしくね。

あのねー私はねー意外とこういうのねー書くのにねー時間がねーかかるからねーあのねー
どうしよー 謎 断髪式 謎

私が一番ふざけた日記なのでは? 仕方ないね!

注意されたらきちんとした文章できちんとしたこと書くもの。人間だもの。

動物の命

副会長政木です。


昨年の10月の話です。


近所の母親が入院して、面倒を見きれなくなった白猫を息子に預けました。


息子は、他の猫も飼っているという理由で、その老猫をエサだけ外におき、放置しました。


猫は近所をうろつき、ノミまみれでガリガリ

私たち夫婦が保護し、動物病院にて点滴し、ノミをブラシでとり、エサを与え、そのまま飼育するつもりでした。


しかし二日後、亡くなりました。


近年、動物に対する飼育放棄、虐待が増えております。


動物に優しくできない人間が、人に優しくできるはずもないとわたしは考えます。


優しい社会を作るのは難しいです。


でも、小さなことからでも何か始めることはできると思います。


この会に参加し、わたしはわたしなりにできることを模索しています。


大きなことでなくても、たとえ小さくても、だれかの心を少しでも軽くできれば。


-亡くなったしろちゃんに愛を込めて-